外貨建保険の話

今、日本の利率は凄まじい低さへ陥っています。保険料の支払は、一時払い型と月々払いの積立型があり、外貨ですから、為替危難が有る事に注意しましょう。外貨を使用する事で予定利息が高く成る事が期待されるせいか、契約数が伸びて居る保険として知られています。保険金を払う事になったら、保険会社は外貨で保険金を払い、保険の受取人が外貨資産として受け取ります。保険も円高のメリットを活かすと、保証を受けられるのみでなく、資産運用にも役に立つでしょう。個人年金保険、終身保険と養老保険の3種類は外貨建てにして保険料を払う事が可能で、米ドル、ユーロ、豪ドルが活用出来ます。また保険では、健康であれば保険料が割安に成るケースがあり、非喫煙割引特約や為替手数料がかからない等の特典をつけられる条件が有ります。保険の保険料を日本円以外で払う保険が外貨建保険です。プルデンシャル生命では4.0%もの高い予定利率が有ります。円高に成ると輸入製品の値段が下がる等、多様な分野でメリットが有りますが、実をいうと保険も安く成るのです。円建てでは現在が2%弱ですから、2倍以上もの利息の差が有る計算に成る事からも人気が高いようです。保険料を円以外の外貨で払うと、最終的に保険料がお得に成ります。外貨建保険の仕組みは、契約者は円から外貨に両替して保険料を払い、保険会社は保険料をその国の国債や公社債に投資して運用します。