生命保険と税金の話

保険をうけ取る時には、全てのケースで保険金が貰えるというわけではありません。自営の方は、確定申告時にします。もうその一方の個人年金保険では、一定の基準を満たした個人年金保険で適応されます。保険料控除には、一般の生命保険と個人年金保険があり、年間に払う保険料総額によって控除される額が変わります。もっとも、基礎控除で非課税となることも少なくないようです。しかし、ある手続を行うと、税金が安くなります。食費や光熱費、そして住居費に教育費と、暮しに関わるお金はさまざまで、保険料の払いも負担に感じることがあるでしょう。手続ですが、会社員の方なら年末調整の際に手つづきを実施しておきましょう。生命保険料控除の手続をすると、所得税と住民税が軽減され、家計にもやさしくなります。生命保険に入ると税金が安くなることがあります。生命保険にまつわる税金についても理解をしておくと、よりうまく活用できるでしょう。保険契約者と被保険者が違う時には贈与税がかかり、受取人が契約者本人の事情でも所得税がかかります。生命保険の契約者の法定相続人が受取人になっているのなら相続税がかかります。一般の生命保険では、契約者、その配偶者、不特定の親族が保険金のうけ取りとなっている生命保険が対象で、財形保険や団体信用生命保険等では対象外となります。それから、生命保険の保険金に関する税金もあります。受取人の立場によっては、税金を支払わなければならない事情があります。