生命保険の免責事由の話

免責事由は保険によって異なります。生命保険の免責事由生命保険に入っても死亡保険金が支払われない事があります。免責事由には数点の取り決めがあり、津波や噴火地震でもそうです。生命保険に加入していると、数年間の間は保険金が出ないと決まっています。「特別な事例については保険金を支払わない」としているもので、保険会社が破綻するのを防ぎ、保険に関連する犯罪が起こらないようにする為に設定してあります。無免許運転や酒気帯び運転による事故がそうで、このケースははっきりと道路交通法違反にもなります。保険に加入する時には自己の健康状況を告知する義務がありますが、虚偽の申告をすると告知義務違反となってしまい、保険の契約そのものが破棄される事になっています。そして、自殺も免責事由となります。また、生命保険の加入後に契約者が保険金の受取人によって殺害される、契約者が故意に事故を起こす等でケガを背負うといった保険金詐欺の事態も貰えません。犯罪による死刑でも免責されます。それから、車に関する免責事由もあります。年々自殺者が増えている傾むから、保険会社では自殺防止の意味でも、免責期限をかつての1年から2年ないし3年に延長しているようです。生命保険に加入する前に、どんな事態に免責されるのか確かめましょう。亡くなる方がとても多くなる事が推測される戦争や内乱、非現実的ですが革命などが起こると保険金は貰えません。